Company

会社概要

ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

私たちは日本一の
流通会社を目指します。

求められる新しい流通を

近年ではスーパーなどの小売店が発展したこと、そして外食産業が発展したことにより、新たな流通関係が構築されてきています。
その為時代のニーズに合わせて流通は著しく変動し現在では広い範囲内で、速度の速い流通が盛んに行われています。
こういった流通の変化は、同時に流通を複雑にさせていて現場のみで対応することは、非常に困難な作業になります。
そこで私達大和青果センターがこれまでやってきたことは、その複雑化した流通経路の指揮をとって、よりスムーズにあらゆるルートの確保とニーズに応えていくことです。
「食」は私達人間にとって必ず要るものだからこそ、大和青果センターは、この激しい青果の流通を今もずっと見続けて来ています。これからのほしいもの、これから必要とされていくものなど、情報を素早く確実に受け止め、時代のニーズに応えた青果物をご提案していきます。

会社概要

会社概要

会社概要

(株)大和青果センター

  • 所在地〒615-8222 京都市西京区上桂御正町1番地1
  • TEL075-382-3515
  • Emailkyoto2@yamato-seika.co.jp
商号 株式会社大和青果センター
商標 大和青果センター
事業内容 青果物卸売業
創業

1980(昭和55)年11月

創立

1984(昭和59)年2月1日

資本金

3,000万円

代表者

代表取締役社長 辻 恵司

従業員数

31名(男17名、女14名)

主要取引先

札幌ホクレン青果(株)、東京青果(株)、東京シティ青果(株)、
京都青果合同(株)、大果大阪青果(株)、セントライ青果(株)、
全国各荷受会社及び仲卸業者など

営業所

全国各地の市場の仲介を担い、
需要供給のバランスをとる

営業所

営業所

Kyoto Office

本社 株式会社大和青果センター
〒615-8222
京都市西京区上桂御正町1番地1
TEL:075-382-3515
Email:kyoto2@yamato-seika.co.jp

Sendai Office

仙台営業所
〒984-0015
宮城県仙台市若林区卸町1-6-15
卸町セントラルビル5F
TEL:022-794-7470
Email:sendai@yamato-seika.co.jp

Nagoya Office

名古屋営業所
〒480-0202
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字
八反120-1櫛田ビル2F202
TEL:0568-28-6153
Email:nagoya1@yamato-seika.co.jp

Kyoto Factory

洛西整備工場
〒610-1106
京都市西京区大枝沓掛町10-146
TEL:075-331-8145
Email:rakusai@yamato-seika.co.jp

沿革

沿革

沿革

1980年(昭和55年) 11月 辻 勝治が個人商店として創業
1981年(昭和56年) 東海地方への販売強化の為、中部青果センター設立。
1982年(昭和57年) 中部青果センターを株式会社に変更。資本金1000万円。
1983年(昭和58年) 名古屋営業所開設。
岐阜パックセンター開設。
下京区西八反田町に事務所を購入。本社を移転。
1989年(平成元年) 8月 下京区中堂寺北町に自社ビルを購入。本社を移転。
1992年(平成4年) 洛西整備工場開設
1994年(平成6年) 12月 西京区上桂に倉庫付き土地を購入。
西京区上桂に冷蔵庫完成。
2月 同地に桂パックセンター開設。
2月 パック業務、配車業務を移転。
2月 岐阜パックセンター閉鎖。
1996年(平成8年) 株式会社中部青果センターを合併。
7月 桂パックセンター隣接の洗車場を購入。営業を開始。
滋賀県守山市に駐車場用地として土地を購入。
同地にスーパーランドリー琵琶湖大橋開業。
保険代理店業務開始。
1997年(平成9年) 1月 売上高100億円突破。
1998年(平成10年) 7月 創業者辻 勝治死去。
8月 西京区上桂に自社ビル完成。本社を移転。
8月 辻 恵司社長就任。
資本金3000万円に増資。
1999年(平成11年) 桂パックセンター閉鎖。
業務用卸開始
2000年(平成12年) 1月 売上高100億円突破。